ごあいさつ 院長・スタッフ紹介

ごあいさつ

“三河乳がんクリニック”は東海地区初の乳腺疾患専門の有床診療施設です。

当院では最新・最高水準の診療内容を整備し、乳房温存術・センチネルリンパ節生検などの縮小手術や様々な薬物療法等の乳がん治療に必要な全ての診療に責任を持って対応いたします。

当院スタッフ一同は温かくて優しい手作りの医療に誠実に取り組んで参ります。乳腺疾患をご心配の方々、乳がん検診を希望される方々、お気軽に受診くださいませ。

院長 水谷三浩

三河乳がんクリニックの理念

三河乳がんクリニックは皆様にお約束いたします。

  • 高水準の乳がん治療によって乳がん死ゼロを目指します。
  • 乳がんの医療の全経過において責任を持って担当します。
  • どんな時も患者を中心に考えた乳がん診療を徹底します。
  • 温かく優しい手作りの医療をスタッフ一同で実践します。
  • 患者のこころのケアも含めた全人的医療に取り組みます。
院長・スタッフ紹介

院長紹介

院長略歴

平成元年 三重大学医学部卒業後、
同附属病院救急部・集中治療部・麻酔科・第二外科などにて研修
平成6年 ブレストピアなんば病院(同画像診断部長)
平成10年 愛知県がんセンター乳腺外科(同医長)
平成17年 愛知県がんセンター愛知病院乳腺科(同初代部長)
平成21年 三河乳がんクリニック開設

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本乳癌検診学会
  • 日本乳癌画像研究会
  • 日本産婦人科乳癌学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本乳房甲状腺超音波診断会議 など

資格・役職

  • 日本外科学会認定医・専門医
  • 日本乳癌学会認定医・専門医・評議員
  • 日本乳癌検診学会評議員
  • 日本産婦人科乳腺医学会理事(第26回会長)
  • 日本超音波医学会専門医・指導医
  • 日本乳癌画像研究会評議員
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
  • 東海乳がんフォーラム代表幹事
  • 日本乳腺疾患研究会世話人 など

専攻領域

  • 乳がん病理に基づく乳がん画像診断学の体系化・教育
  • 早期乳がんの画像診断による低侵襲下縮小手術・治療の確立
  • 乳がんの薬物療法による骨代謝への影響の評価・治療の研究

スタッフ紹介

外来看護師長 日置あずみ

平成21年4月開院と同時に当院入職し今年4月で10年を迎え、永年勤続表彰を頂くことができました。これもひとえに職員皆様の暖かいご支援のおかげと深く感謝しております。
当院入職前は数年毎に所属部署が変化することに必死で付いていく楽しさ、新鮮さがあり、これが私にあった仕事スタイル、と様々なことを吸収し働いていました。そのため当院入職を決める際に乳がん専門でやっていくと決意するには正直少し考えるところもありました。しかし今ではそんな心配もあったなと思うほど、あっという間に気づけば10年。大勢の患者さんと関わる中で乳がん医療・看護の奥深さを知り、専門施設としての重責をヒシヒシと感じております。その責務を果たすためには、組織の人を育てることが非常に大切であり難しいことでもありますが、外来師長として引き続き尽力していく所存です。時に自分の不甲斐なさにこのままここで看護師を続けても良いのかとも考えたこともありましたが、院長、先輩、後輩スタッフ皆が支えてくれたからこそ今の自分がある、と深く感謝いたします。そして、当院を信頼し誰にも代わることのできない大切なご自身を任せてくださる多くの患者さんとご家族のためにも、日々進歩している乳がん医療に対応する看護を提供できるよう精進していきたいと思っております。今後とも宜しくお願い致します。

病棟師長 清水智子

自分が乳癌医療にここまで長く携わることになるとは予想もしていませんでした。
開院スタッフとして、何もない所からの病院づくりは大変ではありましたが、院長の信念を元に、自分の考える医療・看護を実現していく、如何にも手作りの医療という実感もありました。大勢の患者やその家族と関わりました。様々なスタッフと働いてきました。後悔することもありました。
今では師長という重い責任を担うことになりました。自分の行動が周りの人にどれだけ影響を及ぼすのかを感じるようになりました。しかし私の看護の基は学生の頃から変わっていないと思います。精一杯のことをする。少しでも患者の気持により添えるように、少しでも家族の力になれるように、少しでもスタッフが働き易くなるように、笑顔を絶やさないように日々働いています。まだまだ自分の未熟さを感じることの方が多いですが日々前進できるようにと考えています。

ページの先頭へ
ログイン