乳房再建外来

当院では乳がん手術によって損なわれた乳房を元に戻す「乳房再建外来」を開設しています。

乳がん手術によって乳房を失うことは、がんになったショックと乳房を失うショックと二重のショックを受けられ非常につらい思いをされます。乳房を失うことで、自分の容姿をみて落ち込む方、人に見られたくないという気持ちから外出などを控えて内向的になってしまう方も多くいます。でも、「乳房再建手術」を受けられることで、生きる望みや生活の質を上げることにもつながり、実際多くの患者さんたちがきれいな乳房と自信にみちた人生を取り戻しています。

当院では乳房再建の第一人者である「武石 明精 先生」による外来を設けております。

ぜひとも専門の医師と納得のいくまで話し合ってください。

いま、乳房再建は健康保険で行え、高額療養費制度も活用できます。

その他にも乳がん手術後の瘢痕や創部をきれいに治したい方などお気軽にご相談ください。

武石 明精 医師

留学先のカリフォルニア大学で、乳房再建の先駆者ウイリアム・ショウ教授より、直接指導を受け乳房再建を始める。帰国後、東京慈恵会医科大学病院、愛知がんセンター、静岡がんセンターなどで、主に自家組織による乳房再建を手がけ、日本に広めた第一人者。人工物による乳房再建手術や、健側追加手術にも精通し、再建症例は800例を超える。

専門医

  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本熱傷学会専門医
  • 日本手外科学会専門医
  • 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
  • 日本創傷外科学会専門医

学会評議員

  • 日本手外科学会
  • 日本マイクロサージャリー学会
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本外科系連合学会

乳房再建の詳細についてはこちらをご覧ください

完全予約制

第2火曜日、第4月曜日

予約専用電話番号は0566-77-5211。予約受付時間は平日(月〜金曜日)午前10時から午後4時までです。

ページの先頭へ
ログイン